腹痛時にどこの病院に行くべきか?

腹痛が起きる原因はいろいろあります。とりあえず内科へ行く人が多いと思いますが、専門外だと適切な診察をしてもらえるか不安になる人も多いと思います。特に腹痛になる原因には様々なものがあり、原因不明と診断されることも多くあります。悩みを抱えたまま、ストレスが原因と我慢している人が多くいらっしゃいます。

そこで、今回は腹痛になった場合にどの病院(診療科)へ行くのが良いかをまとめました。

【腹痛になったときにどこの病院(診療科)に行くべきかのチャート】

腹痛時にどこの病院へ行くか迷った場合のフロー。 ・熱がある、かつ、激しい痛み/歩行や体動で痛みが増強/嘔吐を繰り返す/背中に広がる痛み・前かがみによる痛みの軽減/腹部全体が板のように硬い/顔面蒼白・呼吸や脈が速い(胆石、胆のう炎、急性胃腸炎、急性虫垂炎、腹膜炎、腸閉塞、尿路結石、消化管穿孔、子宮外妊娠他疑いがある)→救急外来/消化器科(胃腸科) ・熱がある、かつ、下痢をしている(急性腸炎等、長期に持続する場合まれに潰瘍性大腸炎等)→ 一般内科・消化器科(胃腸科) ・熱がある、かつ、背中や腰に痛みがある/排尿時に痛みがある(尿路感染症の疑い)→ 一般内科・腎臓内科・泌尿器科 ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛む(胃・十二指腸潰瘍の疑い)→ 一般内科・消化器科(胃腸科) ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしている(食中毒、急性腸炎、長期に持続する場合まれに潰陽性大腸炎等の疑い)→ 一般内科・消化器科(胃腸科) ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしていない、かつ、右のわき腹あたりが痛い(胆石、胆のう炎の疑い)→ 一般内科・消化器科(胃腸科) ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしていない、かつ、右のわき腹あたりが痛くない、かつ、吐いた・吐き気がある(急性胃炎の疑い)→ 一般内科・消化器科(胃腸科) ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしていない、かつ、右のわき腹あたりが痛くない、かつ、吐き気がない、かつ、便秘がち(便秘やガス貯留による腹痛の疑い)→ 一般内科・消化器科(胃腸科) ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしていない、かつ、右のわき腹あたりが痛くない、かつ、吐き気がない、かつ、便秘がちではない、かつ、皮膚のピリピリした痛み(神経痛、帯状疱疹、ヘルペスの疑い)→ 一般内科・神経内科 ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしていない、かつ、右のわき腹あたりが痛くない、かつ、吐き気がない、かつ、便秘がちではない、かつ、皮膚のピリピリした痛みはない、かつ、生理痛のような痛み(女性)(生理中であれば月経困難症、それ以外では子宮や卵巣の疾患の疑い)→ 産婦人科(または婦人科) ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしていない、かつ、右のわき腹あたりが痛くない、かつ、吐き気がない、かつ、便秘がちではない、かつ、皮膚のピリピリした痛みはない、かつ、生理痛のような痛みはない(女性)、かつ、妊娠の可能性がある(女性)→ 産婦人科(産科または婦人科) ・熱がない、かつ、空腹時または食後に痛まない、かつ、下痢をしていない、かつ、右のわき腹あたりが痛くない、かつ、吐き気がない、かつ、便秘がちではない、かつ、皮膚のピリピリした痛みはない、かつ、生理痛のような痛みはない(女性)、かつ、妊娠の可能性がない(女性)、かつ、この数ヶ月間で急激な体重減少がある(食事制限やダイエットをしていない場合、消化管の悪性腫瘍の疑い)→ 一般内科・消化器科(胃腸科)

 

 腹痛の場合は緊急手術や、強い感染症に対する至急の処置を要するものかどうかの判断がまず重要になります。

 また、まれではありますが心筋梗塞でも腹痛を認めることがあり、女性では婦人科系の疾患の有無を考える必要があるなど医師でも判断に時間を要する場合があります。

 排便により楽になる痛みは緊急性がないことが多いなど痛みの強さに重症度が比例しないところが難しいところです。

腹痛がしたら早めに健康チェックしましょう!

腹痛がある方はストレス耐性度チェックをしましょう!

 ストレス耐性とは、ストレスにどれだけ耐えることができるかの強さの違いをいいます。心身ともに健康に過ごすためには、ストレスと上手く付き合っていくことが大切です。自身のストレス耐性がどれくらいか確認する意味でも、気軽にチェックしてみてください。

 ▶ 3分でカンタンに診断できる!ストレス耐性度チェックはコチラから!

腹痛がある方は疲労蓄積度をチェックをしましょう!

 いくら寝ても疲れがとれない・・・なんとなく体がだるい・・・なんてことはありませんか?もしかすると、疲れがたまっているサインかもしれません。疲労が蓄積すると、慢性化して回復が難しくなったり、心身や日常生活に影響を及ぼす恐れもあります。「疲労蓄積度」をチェックしてみましょう。

 ▶ 3分でカンタンに診断できる!疲労蓄積度チェックはコチラから!

腹痛がある方は大腸の健康度をチェックをしましょう!

 わたしたちの健康と深い関わりのある大腸。近年、食生活の変化やストレスなどによって、大腸にトラブルを抱えている人が増えているようです。大腸の異変を見逃せば、大腸がんなどの大きな病気に発展する可能性も・・・。あなたの「大腸の健康度」をチェックしてみましょう。

 ▶ 3分でカンタンに診断できる!大腸の健康度チェックはコチラから!

気になる症状・病気の簡易チェック・メニュー!

 病気かなと不安になったとき、不調を感じたときは、 気になる症状・病気チェックをしてみましょう。

 ▶ 気になる症状・病気のチェックはコチラから!