発熱時にどこの病院に行くべきか?

熱が出る原因はいろいろあります。一般的には内科へ行く人が多いと思いますが、専門外だと適切な診察をしてもらえるか不安になる人も多いと思います。

そこで、今回は発熱した場合にどの病院(診療科)へ行くのが良いかをまとめました。

【発熱したときにどこの病院(診療科)に行くべきかのチャート】

・発熱は38度以上かつ痙攣・意識低下がある場合:救急外来/脳神経外科
・発熱は38度以上かつ頭が痛いかつ痛みが激しい・意識低下・嘔吐がある:救急外来/神経内科
・発熱は38度以上かつ頭が痛いかつ頭重感がある:一般内科
・発熱が41度以上かつ脱水状態:救急外来/内科
・発熱が38度以上かつ下痢をしている:一般内科・消化器科・胃腸科
・発熱は38度以下かつ呼吸困難・胸痛・動悸(肺炎・結核・胸膜炎・心外膜炎・感染性心内膜炎等の疑い):救急外来/呼吸器・循環器内科
・発熱は38度以下かつ強い腹痛(虫垂炎・腹膜炎他):救急外来/外科
・発熱は38度以下かつ排尿時痛または尿意が頻回(尿路感染症他):一般内科・泌尿器科
・発熱は38度以下かつ 生理通のような痛み(女性の場合):産婦人科(産科または婦人科)
・発熱は38度以下かつ 下痢をしている(急性腸炎他):一般内科・消化器科・胃腸科
・発熱は38度以下かつ 異常に体がだるい・尿の色が濃い(急性肝炎他):一般内科・消化器科・胃腸科
・発熱は38度以下かつ 発疹がある(感染症他):一般内科
・発熱は38度以下かつ 関節の痛み・こわばりがある(関節炎・膠原病他):一般内科・リウマチ科
・発熱は38度以下かつ 強い日差しを浴びた・暑い屋外に長時間いた(熱中症他):一般内科
・発熱は38度以下かつ 咳や鼻汁が出る(感冒他):一般内科
・発熱は38度以下かつ 喉が痛い かつ 飲みこむのがつらい(急性扁桃腺炎他):耳鼻咽喉科
・発熱は38度以下かつ 喉が痛い かつ 喉が赤い程度(感冒他):一般内科
・発熱は38度以下かつ 妊娠をしている可能性がある(女性の場合):産婦人科(産科または婦人科)
・発熱は38度以下かつ 発熱が10日以上続いている:一般内科

 寒気がして体ががたがたふるえる(悪寒戦慄)症状から引き続いて38度以上の高い熱が出るような場合は比較的重症な感染症であることが多く、抗生物質の投与など早めの処置が望まれます。特に高熱で吐き気を伴うような強い頭痛を認める場合は脳炎、髄膜炎を疑わなければいけません。

 微熱であってもある程度の期間続いているものは、多くはありませんが結核や悪性腫瘍、膠原病などの可能性を否定するために原因を調べることが必要です。海外旅行歴やペット、薬の服用の有無などが関係することもあります。

発熱したら早めに健康チェックしましょう!

気になる症状・病気の簡易チェック・メニュー!

 病気かなと不安になったとき、不調を感じたときは、 気になる症状・病気チェックをしてみましょう。

 ▶ 気になる症状・病気のチェックはコチラから!