目ヤニと眼の病気

Q.目ヤニは眼の病気と関係あるのでしょうか?

 目が痒くて眼科を受診しました。診察の時に「目やには多いですか?」と聞かれて返事に困りました。普通はどのくらいで多いとはどの程度を指すのでしょうか?

 また、目ヤニの量は眼の病気と関係あるのでしょうか?

A. 目ヤニで眼の疾患がある程度診断できます。 

 目やにはその量と質によって、どのような眼疾患があるか、ある程度診断できます。

1. 水っぽい目ヤニ

 水っぽい目ヤニで充血や痛みがない時は、なみだが過剰に作られているか、なみだの排出路がつまっている場合です。

 この場合は昼夜を問わず始終目やにが多量に出てしまいます。眼科で涙道洗浄などの精密検査をしてもらった方がよいです。

2. 「ごろごろ」とか「ひりひり」といった痛みやまぶしさや充血などが見られる時

 水っぽい目ヤニのほかに、「ごろごろ」とか「ひりひり」といった痛みやまぶしさや充血などが見られる時は、ウイルス性の結膜炎や角結膜炎の場合です。

 通常、治療が必要です。

3. 黄色いまたは、膿みのような目ヤニ

 黄色いまたは、膿みのような目ヤニは、細菌性の結膜炎です。

 早めの治療が必要です。

4. その他の原因

 アトピー性結膜炎、春期カタル、花粉症などアレルギーによる結膜炎でも目やにが出ます。

目ヤニの量

 朝目ヤニが出ていても、洗顔時に目やにもいっしょに洗い流せば問題ありません。

 洗顔後、日中も目やにが出ているような時は、目やにのが多いと判断して眼科にかかる必要があります。

近くの病院を探すなら【病院いつどこマップ】

ちかくの病院探しなら「病院いつどこマップ」が便利です。

病院いつどこマップとは…
全国の「病院」「介護施設」「薬局」「動物病院」の施設情報を一元的に検索できる国内最大級のサービスです。登録施設情報から住所、時間帯、診療科目、専門医などの条件を指定して必要な情報を検索できます。また、地図を使ってわかりやすく検索できるよう、指定した場所から選択した目的地(病院等)までルート案内を表示(徒歩、車)する事も可能です。